むち打ち被害者救済センター

トップページ > むち打ちの治療 基本は理学療法

むち打ちの治療 基本は理学療法

追突事故等の交通事故によってむち打ちになると、
病院の主治医は整形外科医が担当することになるのが一般的です。

整形外科でリハビリを受ける場合の手段は理学療法ということになります。

マッサージや電気療法、牽引といった方法で症状の改善を期待するわけですが、
これで治る方もいれば治らない方もいます。

比較的軽症のむち打ちではこれで治るケースが多いですが、
難治性のむち打ちのケースではあまり効果が期待できません。

治るケースでは概ね3ヶ月以内には治ります。
この期間で治らない場合は他の療法を検討する必要があります。


理学療法ではどんな処置をしているのか

では、理学療法が効果があるケースと、あまり効果がないケースではどこが違うのでしょうか。

効果がないと言っても、処置を受けたときは症状は多少は楽になっているはずです。

むち打ちの症状の主症状である首や肩周辺の痛みは、筋肉が拘縮していることによって起きるものです。

理学療法では、この拘縮した筋肉を弛緩する、
つまりほぐすことがその目的ですから、一時的にでも症状は楽になります。

ですが、この効果があまり長続きしないのです。

リハビリを受ければ症状はましになるものの、受けずにいればまた元通り、
ずっと通い続けていても、いつまでも通い続けないと、いつまで経っても根本的に治らないのです。

これには幾通りかの理由があります。


理学療法が効かない理由

× 生活や仕事の中で無理をしている

どれだけ熱心にリハビリを受けていたとしても、
生活や仕事の中で肩が凝るようなことをしていては、いつまで経っても症状は改善されません。

むち打ち後の首や肩周辺の状態は、非常に筋肉が凝りやすい状態になっています。
いわば慢性の肩こり症を患っているような状態です。

まずは肩の凝らないような生活スタイル、仕事のやり方に変え、
根本的に治してしまわないことには、いくらリハビリを受けてもイタチごっこです。

そうした被害者自身に原因のある部分についてまで、
いつまでも無期限に加害者に賠償責任を負わせることは出来ないのです。

これが一般によく言われる「症状固定」の状態で、この状態になければ後は自己責任ということになり、
保険会社負担での治療は打ち切られることになるのです。

× 逆に過保護にしすぎて筋力が落ちている

逆に、無理をしているのではなく過保護にしすぎていることが原因の場合もあります。

筋肉は使わないと衰えていきます。

事故後、患部が痛いからと過剰に患部をいたわり、
筋肉が衰えてしまうと、筋肉性の痛みはより強いものになります。

普段使わない筋肉を使うと筋肉痛になりますね。あれと同じ原理です。

過保護にするあまり筋力が落ち、それが原因でいつまでも筋肉の痛みが引かないという状態です。

適度にストレッチ等を行うことで、症状が徐々に緩和されるケースも少なくありません。

× 神経に異常がある

リハビリを積極的に受け、生活や仕事のやり方も改善し、適度に運動をして筋肉も鍛えた。

それでも治らないケースというのもあります。

そういうケースでは、むち打ちによって単に筋肉が損傷しただけではなく、
神経にも何らかの異常をきたしているものと考えられます。

詳しい検査を受けて、神経の状態を確認する必要があります。


ただ、神経の異常は検査によって正確に診断できるとは限りませんので、
患者の自己責任において適切な治療方法を選択する必要があります。

検査と、治療。これはむち打ち被害者にとっては両輪で実現する必要があり、
主治医任せでは実現する可能性が低い部分です。

患者本人が正しい知識において判断し、自己責任において選択していく必要があるのです。


むち打ち被害者救済センタートップページへ


【PR】 主婦の休業損害 弁護士費用特約 紛争処理センター 交通事故情報局 交通事故示談 リンク 【PR】