むち打ち被害者救済センター

トップページ > むち打ちの治療 手術療法

むち打ちの治療 手術療法

「むち打ち」と一口に言っても、その症状は様々です。

単に首や肩が凝る、痛い、というだけのものから、
痛みのほかに痺れや筋力の低下、知覚の異常が見られるケース、
痺れや筋力の低下に止まらず、完全に力が入らないケースや、酷い場合は四肢麻痺を伴うケースまであります。

まずはご自身の症状が「どの程度のむち打ち」なのか、はっきりと認識しなくてはなりません。

場合によっては現在の主治医を頼っている場合ではないこともありますし、
緊急に手術をすべきケースまであるのです。たかが「むち打ち」と軽く見ていてはいけません。


むち打ちには大きく分類して3種類のケースがあります。

@単に筋肉や靭帯が損傷しているにすぎない、いわゆる頚椎捻挫。

A神経根が圧迫されている神経根症状。

B脊髄が圧迫されている脊髄症状。

の3種類です。


@のケースでは基本的には保存療法で治ります。

軽症事例では治療部分は整骨院を選択しても問題ないでしょう。

注意が必要なのは、@と診断されていても、実際にはAであるケースが多いことです。

神経の圧迫は主にMRI等で確認しますが、
最新のMRIでもない限り、はっきりと確認できるのはBのケースのみで、
Aのケースでは見落としは頻繁に起こります。見落としが起こるというより、
そもそもAを疑った検査をしていないと言ったほうが正確かもしれません。
脊髄圧迫は一大事なのできちんと鑑別診断を行いますが、
神経根圧迫では整形外科医としては@と同様の処置しか基本的には行なわないことが多く、
それほど厳密に検査しないのです。


Bのケースでは

これは一大事です。

脊髄が圧迫されているケースでは、そのまま放置して脊髄が傷ついてしまうと、
傷ついた脊髄は治りませんので一生麻痺が残ることになります。

そうならないためには一刻も早く手術によって脊髄への圧迫を徐圧することを検討しなければなりません。

この場合、手術をする医師は街の整形外科医ではなく、
大学病院等にある脊椎外来という専門外来を受診することになりますから、
主治医に相談して紹介状を書いてもらい、直ちに脊椎外来を受診しなくてはなりません。

明らかなBのケースでは比較的症状も酷く、精度の低いMRIでも異常が認められるので、
緊急性のあるBのケースでは事故後、比較的早い段階で、
患者が注文をしなくても適切な紹介が行われるでしょうが、
問題はAに近いBのケースです。
脊髄への軽い圧迫では、症状は神経根症状と酷似していますので、
よほど丁寧に診てくれる医師でなければ@のケースとほぼ同様の対応しかしてくれないことがあります。

あとから「酷い目のAかな?」とのことで患者が要望して脊椎外来へ回され、
結果的に予防的に手術を検討し、開いてみたらBだった、ということは決して珍しいケースではありません。
検査でわかることは実は身体の異常のごく一部であって、
医師の診断よりもご自身の自覚症状が最も徐実に病状を現しているのだということは知っておく必要があります。

現代医学は、医学の進歩と共にやや技術を過信ぎみの部分があります。
「エビデンスに基づく診断(根拠ある診断)」が理想とされていますが、
現実には現在の画像診断のレベルはそれを可能にするレベルに達していません。

医師が診断する場合には「自覚症状」は100%信頼できる補償のあるものではありませんが
(詐病を排除しなければいけませんので)、
ご自身の自覚症状については、自分自身が騙される可能性はありませんので、
ご自身が自覚している以上、その自覚症状が最も頼りになるものだと思って間違いありません。


Aのケースでは

@とBの説明で既述の通り、むち打ちで最もやっかいなのがAのケースです。

@では一般の整形外科医が担当し、Bでは専門医である脊椎医が担当します。

ではAの症例をどこが担当するかということですが、実は適切な診療科が存在しないのです。

整形外科医の認識としては、@と同様に対処すればそれで足りる、というのが一般的です。

ですが、これが実はとんだ間違いで、経年変化性のAではそれが一般的ですが、
外傷性のAでは@と同様の処置方法ではまず治らないケースが多いのです。

外傷性のAの場合でも、症状が改善傾向にある場合は概ね@と同様の処置で事足ります。
ですが改善傾向にない場合や、むしろ悪化傾向にあるというようなケースでは
積極的に手術を選択したほうが良いケースも多くなります。

この辺りの判断は脊椎外来では概ね適切に行われるのですが、
一般外来では「脊椎外来を紹介しても追い返される」と思っていることもあり、
また脊椎外来へ紹介するほどの症例に対する処置をそれまでに行っていないことから、
脊椎外来へ紹介することに極めて消極的です。

このような事情から、Aのケースのむち打ち患者が正当な診療を受けられるケースは極めて稀で、
患者の側が知識を有し、適切に自ら行動できない限り、適切な診療を受ける機会を逃し、
賠償上も適切な扱いが受けられないことが非常に多いのです。


このようなケースで適切な脊椎外来への引継ぎを実行するためには、
整形外科の一般外来からの直接の紹介を目指すより、
ワンクッションとしてペインクリニックを受診することをおすすめします。

ペインクリニックでは神経ブロック注射という、神経に対する治療を専門としていて、
圧迫に至らない一時的な神経異常の程度であればここで治せる可能性があります。

一定期間ここで各種神経ブロックを試してもらい、ペインクリニックで治せないということになれば、
その時点でペインクリニック医からの紹介で脊椎外来を受診するのです。

整形外科の一般外来からの紹介よりも、ペインクリニック医からの紹介のほうが、
脊椎外来への適切な申し送りが行われることが多いようで、経験上、この流れがおすすめです。


ただし、むち打ちの症状は千差万別ですので、必ずしもどの方のケースでもこの流れが最適だとは言えません。

むしろむち打ちの症例に「典型的な症例」というのは珍しく、個別的な判断の必要なケースが多数を占めます。

診療は医師と人間関係が極めて重要な意味を持つ一回勝負の要素が強い性質のものですので、
対応を誤ると修復が困難にあることがあります。
一度崩れた人間関係を修復するのは困難であり、
過剰に転院を繰り返す患者は敬遠され、紹介状のない患者は門前払いになることがあるからです。

無用のドクターショッピングを繰り返した後では、
いかに専門家といえども適切な方向に方向修正してあげることが困難になることもあります。

お体のことでもありますし、その後の賠償にも繋げていく必要がありますから、
万全を期して臨むのであれば、下手に行動を起こして失敗する前に、
早い段階で専門家への相談をされることをおすすめします。

Aのケースでは、独力で適切な診療を受け、正当な賠償を受けることは極めて困難であると指摘しておきます。


むち打ち被害者救済センタートップページへ


【PR】 主婦の休業損害 弁護士費用特約 紛争処理センター 交通事故情報局 交通事故示談 リンク 【PR】