むち打ち被害者救済センター

トップページ > むち打ちの治療 ペインクリニック

むち打ちの治療 ペインクリニック

神経症状の全く出ていない単なる筋肉の一時的な損傷のみの頚椎捻挫や、
即手術が必要な脊髄症状ではあまり意味がありませんが、
やや難治性のむち打ち症状が出ているようなケースでは
ペインクリニックによる神経ブロック治療が非常に効果的です。

ペインクリニックは整形外科と違って、東洋医学の要素を多分に含む専門医で、
鍼灸治療を西洋医学的に発展させたような科であると言っても良いでしょう。

特に頭痛やめまい、吐き気といった自律神経症状が強く、
バレリュー症状の見られるむち打ち患者に対しては、
星状神経節ブロックなどの比較的リスクも低く効果の高い治療方法が選択でき、高い治療効果が期待できます。

一般外来の整形外科のような「保険会社アレルギー」的な面も比較的少なく、
交通事故患者に対しても比較的親切に診てくれる医師が多いようで、
整形外科医の「聞く耳なし」の受診に嫌気が差していたような患者さんにとって、
「こんなに丁寧に診察してくれる医師は始めて」といった感想を持たれることも多く、
それまでの医師とは違った印象を持つ人も多いようです。

主治医からは「大したことはない」と診断されているにも関わらず、
ご自身としては「そんなに軽症かなぁ?」とその対応に不信を抱いているような人については、
一度ペインクリニックを受診してみることをおすすめします。

整形外科で軽く扱われたからといって、すぐに「医者は頼れない」と判断して
整骨院等の民間療法を選択する人が多いですが、そのような人にもペインクリニックを強くおすすめします。


ペインクリニックの選び方

ペインクリニックを選ぶ際、まずは
その医師がペインクリニックの専門医なのかどうか、この部分は必ず確認してください。

中には整形外科医と掛け持ちのペインクリニック医もいます。
整形外科医の一部門としてペインクリニックが併設されていることもあります。

そのような医師や病院では整形外科がメインである可能性があります。

そのような医師や病院を選択した場合、結局整形外科的治療しか受けられないということがあります。

一人の医師が複数の専門科を持っているというのは、医学の世界ではあまり望ましいことではありません。

専門分野はその専門性を極めてこそ奥が深くなるのであり、範囲を広げると自ずと専門性は低くなります。

また医師同士の力関係は診療内容に大きな影響を及ぼします。
院長が整形外科医の個人病院では、ペインクリニック医は整形外科医の指示に従わざるを得ません。
あくまで理学療法の一部門として吸収されている立場ですので、
ペインクリニック医のスキルを充分に発揮できません。


また、一口にペインクリニック医といっても、その考え方は様々です。

むち打ち被害者がペインクリニック医を頼る場合、目的は神経ブロック治療にあるわけですが、
ペインクリニック医によってはリスクを過剰に恐れて
レーザー治療のみに止めたり、漢方薬の処方しかしなかったりということが稀にあります。

もちろんリスクのある治療であることは確かですから、
リスクを恐れずバンバン神経ブロックを行うということでは困りますが、
過剰にリスクを恐れるペインクリニック医は、その手技に自信がないということであって、
神経ブロックのリスクを過剰に恐れる医師というのは
麻酔科医として、もはや廃人に近いと言っても過言ではありません。

そこまでの医師は稀ではあると思いますが、
神経ブロックをしたとしても星状神経節ブロック程度しか行わない医師も結構います。
それで効果が見込める患者に対する処置ならそれで良いのですが、
星状神経節ブロックでは大した効果が見込めず違う角度からの治療が必要だと考えられる患者に対しても
ただ漫然と星状神経節ブロックばかりをただダラダラと続ける医師というのもいます。

リスクの低い治療であったとしても、それによる効果が対して期待もできず、
ただ回数を重ねることは決してリスクが低いとは言えず、
見込める効果と比べればかえってリスクは高いとも言えるのです。
最もリスクの低い医療というのは、「最も効果の高い医療」とも言えるのであって、
医療はリスクと効果のバランスによって選択されます。
手術などは比較的リスクの高い治療方法ですが、
手術でしか治せない場合には、捉えようによっては最もリスクの低い治療とも言えるのです。
一回の治療としてはリスクが低くとも、治せない治療をいつまでも続けることは、
より効果のある治療方法を取るための選択肢を失うことに繋がる場合もありますし、
小さなリスクが積み重なって大きなリスクとなることもあるのです。

診療を行うのは医師ですが、診療先を選択するのは患者自身によって行うべき必要があります。
その選択を誤った場合、結局は自己責任となってしまうのです。


むち打ち被害者救済センタートップページへ


【PR】 主婦の休業損害 弁護士費用特約 紛争処理センター 交通事故情報局 交通事故示談 リンク 【PR】