むち打ち被害者救済センター

トップページ > むち打ちと後遺障害 むち打ちで後遺障害認定

むち打ちと後遺障害 むち打ちで後遺障害認定

むち打ちでの後遺障害認定について、相談する相手を間違えた場合、
「は?そんなもの無理に決まっている。」
といった回答が帰ってくることがあります。

実際のところはどうなのでしょうか?


後遺障害認定というのは、一生治らない後遺症に対して、
1級〜14級の14等級に分類した内容に当てはめて等級認定を行うもので、
『一生涯治らない』ことを前提としたものです。

一方、むち打ちによる神経症状というのは、
脊髄損傷に至るケースでない限り、基本的には治る種類のものです。
引き抜き損傷等の病態であれば回復不能と判断されるケースもありますが、
基本的にはむち打ちでの神経症状の多くは神経の圧迫による一時的な痛みや痺れが主症状ですので、
そのような症状は圧迫さえ改善されれば消失する種類の症状であって、
『一生涯治らない』ような種類のものではありません。

では、やはりむち打ちの神経症状では後遺障害認定されないのかと言えばそうではなく、
『便宜的に』後遺障害として扱うものとされています。

その理由は『治るもの』ではあるものの、場合によってはその治るまでの期間は何年にも及び、
その間、賠償面等において不安定な状態が長引く等の理由によって、
『一応後遺障害として扱う』ということとされていて、
この程度の症状の場合は12級か14級、いずれかの等級に認定されることとなるのです。

もちろん神経症状を伴わない単なる「頚椎捻挫」は後遺障害認定の対象とはなりません。

後遺障害の認定対象となるのは、あくまで神経症状に対してです。
神経症状を伴わない単なる筋肉や靭帯の一時的な損傷にすぎない頚椎捻挫は後遺障害認定の対象とはなりません。


むち打ち被害者救済センタートップページへ


【PR】 主婦の休業損害 弁護士費用特約 紛争処理センター 交通事故情報局 交通事故示談 リンク 【PR】